裏庭観察記
TOP   書 庫   ひとつ前の事件簿

2019/06/25
●東隣家北。下草にヤマトタマムシ。(画像1)
●庭で、ビロードハマキが飛んでいた。(画像2)
 

2019/06/21
ヒカゲチョウが日光浴していた。(画像1)
●八重桜の幹で、キマダラカメムシが交尾していた。(画像2)
 

2019/06/20
●バケツの水に、ムネアカセンチコガネが浮いていた。初めての確認。(画像1)
ヒガシニホントカゲが、メガネヤチグモ?を食べていた。(画像2)
●裏庭のヒメツチスガリは、6/08と同じ巣穴に出入りしてる。
 

2019/06/19
●東隣家北。ヘリグロリンゴカミキリがいた。(画像1)
●裏庭に、アカシマサシガメがいた。(画像2)
 

2019/06/18
●朝、ミツバアリが小規模に結婚飛行していた。
●東隣家北。ハクサンツヤアナバチが獲物探査していた。
ササキリ幼虫、初認。(画像1)
●10mmほどのギングチバチの一種が、コンクリートの隙間にミズアブの一種(画像2)や、ハエを運び込んだ。(画像3)
  

2019/06/17
●朝、ミツバアリが中規模に結婚飛行していた。
ヤブキリの鳴き声、初認。
●庭に、ニホンミツバチのオスがいた。(画像1)

2019/06/16
●桜の葉で、ミカドトックリバチがイモムシを狩った。(画像1)
ホタルガ、初認。

2019/06/14
●朝6時ころ、ミツバアリが中規模に結婚飛行していた。早い時間に結婚飛行が終わっている可能性がある。また、メダカ鉢に、翅を落としたメスが浮いていた。
カノコガ、初認。(画像1)
●東隣家北。下草にヤマトタマムシがとまっていた。(画像2)
 

2019/06/13
トウキョウヒメハンミョウ、初認。(画像1)

2019/06/12
●雨上がりの朝。ミツバアリが、数匹で結婚飛行していた。
コマルハナバチオスが、葉の上で休んでいた。(画像1)
●裏庭のヒメツチスガリキボシツツハムシを巣穴に運び入れた。(画像2)
 

2019/06/11
●屋根にとまったハシブトガラスを、ツバメが威嚇飛行。家の前の電線にツバメの巣立ち雛3羽がとまっていた。
●裏庭に、センノカミキリ。(画像1)

2019/06/08
●雨上がりの朝。ミツバアリが、小規模に結婚飛行していた。蜘蛛の巣に掛かったメス。(画像1)
●庭に、クチバスズメ。(画像2)
●裏庭の縁に、ヒメツチスガリが巣を作っていた。枯れ葉の下に潜り込むところをみつけた。速いときで2分50秒間隔で、茶色のノミゾウムシの一種を持ち帰った。(画像3)
  

2019/06/07
ナミジガバチモドキが、ササグモを竹筒に運び込んだ。(画像1)
○関東甲信地方が梅雨入り。

2019/06/06
●時期遅れ孟宗竹の細いタケノコ(20cm)の中に、ハジマヨトウ?幼虫が食い入っていた。重なった皮に1つの穴があった。(画像1)
ナミジガバチモドキが、アオオビハエトリメスを重そうに運んでいた。(画像2)
 

2019/06/05
ナミジガバチモドキが、ヨダンハエトリを運んでいた。(画像1)
オオフタオビドロバチが、竹筒にイモムシを運び込んでいた。(画像2)
 

2019/06/04
●梨の葉裏に、リンゴカミキリ。初認。(画像1)
ナミジガバチモドキが交尾していた。(画像2)
カタグロチビドロバチがイモムシを運んでいた。(画像3)
 

2019/06/02
ノコギリカミキリ、初認。
●庭に、ラミーカミキリメス。初認。(画像1)
●東隣家北。オオミズアオメスが羽化していた。(画像2)
 

2019/06/01
●東隣家北。ハクサンツヤアナバチを2匹見かけるが、営巣場所はみつけられない。
●前日、木材の既存孔に出入りする蜂が気になった。朝見ると、ギングチバチの一種が顔を出していたが、その状態で死んでいた。(画像1)
ケジロヒョウホンムシを複数確認。(画像2)
●バラの奥に、キボシアシナガバチが巣を作っていた。(画像3)
ムモントックリバチが、木材表面をかじり取っていた。(画像4)
●庭に巣を作ったナミツチスガリは、庭の近場から狩りをしながら移動していく。(画像5)
  
 

2019/05/31
●今朝も、ミツバアリが小規模に結婚飛行していた。
マダラアシナガバエ、初認。(画像1)
キマダラセセリ、初認。(画像2)
コスカシバが、ハナモモの樹皮に産卵していた。(画像3)
 

2019/05/30
●朝、ミツバアリが小規模に結婚飛行していた。夜間、少し雨が降った。
ハラビロカマキリ幼虫、初認。
コクロアナバチ、初認。(画像1)
●出掛けに、膝あたりに浮遊物体。獲物を抱えたナミツチスガリ! 足元に巣穴があった。自宅で巣をみつけたのは初めて。(画像2)
 

2019/05/29
●雨上がりの朝、ミツバアリが少数・数匹規模で結婚飛行していた。
オオフタオビドロバチ、初認。
シオヤアブ、初認。
●庭で、テングチョウを確認。
カタグロチビドロバチが、イモムシを運んでいた。(画像1)

2019/05/28
コマルハナバチ女王が、土崖に穴を掘っていた。(画像1)
サトクダマキモドキ幼虫、初認。少し成長している。(画像2)
●バケツの水でアオカミキリが死んでいた。撮影中に息を吹き返す。(画像3)
  

2019/05/27
ナシアシブトハバチ幼虫の姿が減った。地面にいる個体を発見。(画像1)
ハチモドキハナアブが、地面を吸っていた。(画像2)
フタスジスズバチが、イモムシを巣穴に運び込んだ。(画像3)
  

2019/05/26
●朝、ミツバアリが小規模に結婚飛行していた。メダカ鉢に、翅を落としたメスが浮いていた。(画像1)
●東隣家北。オオマエグロメバエがいた。(画像2)
●東隣家北。葛で、ハクサンツヤアナバチが獲物を探していた。オスバチが絡んでいた。(画像3)
●気温30度越え、キマダラカメムシが飛んできた。2匹確認。
フタスジスズバチが、八重桜の葉を齧り取っていた。

 

2019/05/25
●朝、ミツバアリが小規模に結婚飛行していた。
●庭に、ヒメホシカメムシがいた。(画像1)
ナミジガバチモドキが、竹筒にアオオビハエトリメスを運び入れた。(画像2)

 

2019/05/24
●朝、ミツバアリが中規模に結婚飛行していた。
キアシドクガが飛んでいた。初認。
●庭に、コシアキトンボ。初認。(画像1)
コマルハナバチオス、初認。
ルリジガバチ、初認。
サトジガバチが、イモムシを運んでいた。(画像2)
 

2019/05/23
●朝、ミツバアリが小規模に結婚飛行していた。
●梨の枝で、ルリカミキリが交尾しながら産卵準備して、その後産卵していた。(画像1,2)
 

2019/05/22
●雨上がりの朝、ミツバアリが小規模に結婚飛行していた。(画像1)
キボシツツハムシがいた。(画像2)
 

2019/05/20
●カラーの花に、ヒメトラハナムグリが飛んできた。(画像1)
アオダイショウ幼蛇が、孟宗竹を登っていた。(画像2)
ナミジガバチモドキが、ハエトリグモの一種を竹筒に運び込んでいた。(画像3)
  

2019/05/19
●庭に、マドガがいた。(画像1)
●梨の樹液に、ベニカミキリ。(画像2)
 

2019/05/17
ヤミイロカニグモが、交接していた。(画像1)
クロオオアリの有翅メスがいた。(画像2)
 

2019/05/16
ムネグロメバエが、地面で給水?していた。(画像1)
●朝、フタスジスズバチが巣を閉じていた。捏ねた葉で塞いでいる。(画像2)
 

2019/05/15
カシルリオトシブミが、フジの葉で揺籃をつくっていた。(画像1)
●今朝も、葉を運ぶスミゾメハキリバチが休んでいた。地面付近で休んでいる。死角であったので確実ではないが、西隣家に置かれた、雨ざらしでボロボロになった合板の厚み部分に巣を作っているようである。
フタスジスズバチは、まだ同じ坑に葉を運び込んでいた。飛んでいく方向から、おそらく八重桜の葉。(画像2)
 

2019/05/13
●母屋東(南寄り)、ウンモンスズメがとまっていた。(画像1)
サトキマダラヒカゲ、初認。
●地面に置いていた発泡スチロール箱の下に、サワガニが成体が3匹いた。すべて青色型。(画像2)
●庭の西端で、葉を運ぶスミゾメハキリバチメスが休んでいた。(画像3)
 

2019/05/12
クロスズメバチ女王が、地表を探査飛行していた。
エゴツルクビオトシブミが、揺籃をつくっていた。(画像1)
リンゴコフキハムシがいた。(画像2)
セボシジョウカイがいた。(画像3)
  

2019/05/11
●八重桜の葉裏に、、ハチモドキハナアブがとまっていた。(画像1)
アオダイショウがいた。(画像2)
アカボシゴマダラ、初認。
 

2019/05/10
●庭を、クロスジギンヤンマオスが飛んでいた。(画像1)

2019/05/09
フタスジスズバチが、イモムシ、後に切った葉を運び込んでいた。5/06,5/07と同じ坑。(画像1,2)
 

2019/05/07
ダイミョウセセリ、初認。
ルリコンボウハバチが、タニウツギに産卵していた。(画像1)
●ナシの葉に、ナシアシブトハバチ幼虫を確認。(画像2)
オンブバッタ幼虫、初認。(画像3)
●玄関前に、ヤマトトゲアナバチの巣穴が3つ開いていた。
フタスジスズバチは、切り取った葉を運び込んでいた。(画像4)
 
 

2019/05/06
フタスジスズバチが、木材の坑にイモムシを運び込んでいた。(画像1)

2019/05/01
●雨上がりの朝、ミツバアリが中規模に結婚飛行していた。
キビタキの鳴き声を確認。
●東隣家北。杭にチャバネフユエダシャク幼虫。(画像1)
イボバッタ幼虫、初認。(画像2)
●庭の西端、ヒゲブトハナムグリオスがいた。(画像3)
シマヘビ、初認。(画像4)
 
 

2019/04/29
コマルハナバチ、ワーカー初認。
●フジの花に、ヤマトハキリバチメス。(画像1)

2019/04/28
ナガサキアゲハ初認。
ツツハナバチが、枯れ木のカミキリ坑?に巣を作っていた。ここでは個体数が少なく、巣をみつけたのは初めて。(画像2)
ヤマトトゲアナバチ、メスにオスが飛びついた瞬間が撮れた。メスの背に掴まったオスも羽ばたいている。このまま近くの低木の葉へ飛んでいった。(画像3)
マダラメバエがいた。(画像4)
 
 

2019/04/25
●裏で、新しいキンランを確認。3つめの株になる。(画像1)
アヤモクメキリガ幼虫がいた。(画像2)
●雨上がりの朝、ミツバアリが小規模に結婚飛行していた。ムシヒキアブの一種に、メスが捕食されていた。(画像3)
  

2019/04/23
アオスジアゲハ、初認。
●鉢植えで、ツマグロヒョウモンメスが羽化していた。(画像1)
ヤマトトゲアナバチのオス同士の戦い。尻先を押し当てているようだ。(オスなので尻針はない)(画像2)
●玄関前、ヤマトトゲアナバチが巣を作って、ハエを運び込んでいた。(画像3)
  

2019/04/22
●庭の中央正面に、翅に鱗粉のついた状態のオオスカシバがとまっていた。近くには食草がなく謎。(画像1)
ヤマトシジミが交尾していた。(画像2)
●玄関前。地面にいたヤマトトゲアナバチメスにオスが飛びついた。メスは拒絶はせず、メスはオスと団子のような状態で、ゆるいスピードで低木の葉の上へ飛んでいった。
 

2019/04/21
●庭で、ツチイナゴが交尾していた。
スイセンハナアブがいた。(画像1)
●玄関前で、ヤマトトゲアナバチを初認。

2019/04/20
サイジョウハムシドロバチが、ノミゾウムシ類幼虫を運んでいた。今年は、個体数が異常に少ない。(画像1)
●庭に、キクスイカミキリがいた。(画像2)
 

2019/04/19
●庭で、ミツバアリが、小規模に結婚飛行していた。
●朝、テレビアンテナの配線ケースをコゲラが突いていた。4/17の隣家の別アンテナ。(画像1)
●クモの巣に、サイジョウハムシドロバチが運んでいたと思われる、ノミゾウムシ類の幼虫が掛かっていた。(画像2)
ツマグロヒョウモンメス。初認。(画像3)
  

2019/04/18
●朝、庭にクロアゲハがとまっていた。初認。(画像1)
メスアカケバエメスがいた。(画像2)
●庭でクマバチオスが、ホバリングしていた。初認。
ジャコウアゲハメス。初認。(画像3)
  

2019/04/17
●朝、東隣家北。桜の枝先でムネアカアワフキが1匹羽化していた。
●たまに北民家方向高い位置から『ポコン、ポコン』と音がすることがあって気にしていた。鳥の鳴きマネ的なもとかと思っていたが、今朝、コゲラがテレビアンテナの配線ケースを突いている音と確認した。ドラミング的連続音ではなく、単発の音。(画像1)
●朝、数が数えられるくらいの少数でミツバアリが結婚飛行していた。飛んでいたメスは1匹だけ。(画像2)
 

2019/04/15
●雨上がりの朝、庭でミツバアリが、小規模に結婚飛行していた。(画像1)
●昨日羽化していた桜の枝先に、ムネアカアワフキを確認。(画像2)
●西隣家で鉢植えのフジが咲いていて、ヤマトハキリバチメスが訪花していた。オスらしき個体が数匹飛び回っていた。
 

2019/04/14
●朝、東隣家北。桜の枝先でムネアカアワフキが多数羽化していた。風の揺れで、脱皮殻ごと落下してしまうものもいた。(画像1)
 
 

2019/04/13
●庭で、テングチョウの姿を確認。
ムシヒキアブの一種が現れた。(画像1)
●花の咲いているカエデの木の上で、ヒゲナガガの一種が飛び回っていた。(画像2,3)
  

2019/04/11
●尾羽根が曲がっているエナガの姿を確認。
アゲハ、初認。
コミスジ、初認。

2019/04/09
●芽吹いたエノキに、アカボシゴマダラ幼虫。(画像1)
●エノキの枝に、ワモンサビカミキリがいた。(画像2)
 

2019/04/07
●桜の芽吹きに、アカハネムシの一種がいた。(画像1)
●母屋外壁に、シミの一種がいた。(画像2)
オオシロフクモバチ、初認。(画像3)
サイジョウハムシドロバチメス複数、初認。
  

2019/04/06
ニッポンヒゲナガハナバチオス&メス、初認。(画像1)
サイジョウハムシドロバチオス、初認。

TOP   書 庫   ひとつ前の事件簿
Google
   [ 裏庭観察記 ] 内を検索する→