裏庭観察記
TOP   書 庫   ひとつ前の事件簿

2020/10/26
ホシヒメホウジャクがとまっていた。(画像1)
●庭に、クロマダラソテツシジミがやってきた。初めての確認。(画像2)
 

2020/10/25
アブラゼミ2匹の鳴き声を確認。
●日没後、ミドリササキリモドキの鳴き声を確認。

2020/10/24
●裏庭の東側の、ジョロウグモの網に、ショウリョウバッタモドキがかかっていた。(画像1)
●庭に、クロチャケムリグモ?がいた。(画像2)
 

2020/10/21
トラマルハナバチが訪花していた。(画像1)
●日当たりの良い場所に、アオダイショウがいた。その後見たら、シマヘビと寄り添うようにしていた。(画像2)
 

2020/10/16
カタグロチビドロバチがいた。(画像1)
○南南東850m地点。クロマダラソテツシジミが交尾していた。(画像2)
 

2020/10/12
●裏庭に、ムネアカオオクロテントウがいた。(画像1)
ツマムラサキセイボウがいた。(画像2)
 

2020/10/07
●庭に、ミドリヒョウモン。(画像1)

2020/10/04
アブラゼミ鳴く。
●柿の木の枝に、イラガの繭があった。(画像1)
ベッコウハナアブが訪花。(画像2)
●夜、柿の木でミドリササキリモドキが鳴いていた。(画像3)
  

2020/10/03
アブラゼミ鳴く。
●庭に、ギンツバメがいた。初確認。(画像1)
オオシロフクモバチジョロウグモを運んでいた。おそらく昨日と同じ個体。(画像2)
コアシナガバチが水を吸っていた。(画像3)
フタツトゲササキリ。南南西800m地点。2017年に確認したものの、のち3年鳴き声を確認できず。 南南西2100m地点。2019年までは南端の一部のみに確認できたが、2020年北端部で多数の鳴き声を確認。
  

2020/10/02
●東隣家北。ニイニイゼミ鳴く。
オオシロフクモバチが植木鉢の土に巣を作っていた。獲物は、ジョロウグモメス。(画像1)

2020/09/28
●バケツの水に、瀕死のノコギリカミキリオス。柿の実に来たのが落ちたと思われる。(画像1)
アメリカピンクノメイガを初確認。外来種。(画像2)
 

2020/09/27
●玄関前に、ホシササキリメスがいた。(画像1)
●庭に、ヒメジャノメ。(画像2)
▼今期見かけなかった虫。スケバハゴロモ(昨期は多数見かけた)、ハゴロモヤドリガ、コウライクモカリバチ。
近年見かけなくなった虫。トモンハナバチ(4年前に侵入も2年見かけず)、フカイドロバチ(4年)。
ニイニイゼミは完全復活したと思われる。ヒグラシは危機的(鳴き声数匹)。
 

2020/09/22
●東隣家北。ニイニイゼミ鳴く。
タケカレハが産卵していた。(画像1)
●庭に、モンキチョウ。珍しい。(画像2)
 

2020/09/21
アブラゼミツクツクボウシ鳴く。
ウラナミシジミ初認。
●庭で、ウスバキトンボが、交尾状態で飛行していた。(画像1)
ナミジガバチモドキが、ハエトリグモの一種を運んでいた。同一個体かは不明。(画像2,3)
○南東330m地点。ヒメクダマキモドキ複数の鳴き声を確認。今期中にも来そう。

 

2020/09/18
アキアカネがいた。(画像1)
アカボシゴマダラがいた。(画像2)
●夜、玄関前で聞き慣れない鳴き声が聞こえた。ホシササキリであった。庭でホシササキリを確認したのは初めて。(コクロアナバチが運んできたことはあった)ホシササキリの夜の鳴き声は、昼間とは全く違っている。(画像3)
  

2020/09/17
ヒメコオロギバチが巣を閉じていた。尻先で押し固めたのち、礫で埋めた。(画像1)

2020/09/16
アリバチの一種オスがいた。(画像1)

2020/09/13
ハラビロカマキリが産卵していた。(画像1)

2020/09/11
●東隣家北。ホソミイトトンボがいた。(画像1)
●ホトトギスに、ルリタテハ幼虫。(画像2)
 

2020/09/05
ルリモンハナバチが、崖探査していた。(画像1)

2020/09/04
●東隣家北。コナラにツマキシャチホコ幼虫の集団。(画像1)

2020/09/02
●北東隣家の外塀に、ヒメスナゴミムシダマシ?がいた。(画像1)
ミイロツメボソクモバチが、アオオビハエトリ幼体を運んでいた。(画像2)
 

2020/08/31
●東隣家北。オオウンモンクチバがいた。(画像1)
モンキジガバチが泥を集めていた。今期初認。西へ低く飛んで、木陰で急上昇して消える。(画像2)
 

2020/08/30
コンボウヤセバチメスがいた。(画像1)
●かなりサイズの小さい、ツマムラサキセイボウがいた。(画像2)
 

2020/08/26
●東隣家北。アカボシゴマダラが産卵していた。(画像1,2)
●東隣家北。コアシダカグモがいた。(画像3)
●夜、北側の道沿いに、コシアキトンボがとまっていた。高さ2m。
  

2020/08/25
●東隣家北。内部寄生されているツマグロオオヨコバイ幼虫がいた。(画像1)
●庭で、クロアナバチが獲物探査していた。
ルリジガバチが、ジョロウグモ幼体を運んでいた。(画像2)
 

2020/08/24
●庭に、サトクダマキモドキメス成虫がいた。(画像1)

2020/08/23
トビイロシワアリ?が、ムモントックリバチ巣から卵を盗み出した。(画像1)
その後、巣主の母蜂がやってきたが、3分弱、触覚で巣内や卵を持ち去られたルートなどを丹念にサーチしていた。卵がなくなっていることには気づいているようであった。(画像2)
 

2020/08/22
●8/12のヒカゲチョウの蛹は羽化が終わっていた。日毎のチェックを忘れていた。
●チョウセンアサガオの茎に、ムモントックリバチが巣を作っていた。(画像1)

2020/08/21
●北東隣家手前。朝、カトリヤンマがぶら下がっていた。初めての確認。(画像1)

2020/08/20
アズチグモメスが、ダイミョウセセリを捕食していた。(画像1)
●北東隣家手前。木陰、木漏れ日がスポット的に当たる地上10cmに、ホソミイトトンボがいた。(画像2)
 

2020/08/19
●地表で、コガネムシ類幼虫にヒメハラナガツチバチ?が絡んでいた。(画像1)
クモバチの一種が、ヤチグモ?を運んでいた。(糸イボ後退)(画像2)
ミイロツメボソクモバチが、メスジロハエトリを運んでいた。(画像3)
 

2020/08/18
コガタコガネグモ(画像1)の巣に、2匹のシロカネイソウロウグモがいた。

2020/08/17
●東隣家北。低い位置にいたアブラゼミを手で捕まえたら、セミヤドリガ幼虫がついていた。はらりと脱皮殻が落ちたので、脱皮直後と思われる。(画像1)
●高さ2mの葉裏に、コガタスズメバチがとまっていた。よく見ると、多数のネジレバネがついていた。(画像2,3)

 

2020/08/16
●昨日のエントツドロバチは、頻繁にイモムシを運んでいた。(画像1)
ルリジガバチが、ワキグロサツマノミダマシを重そうに運んでいた。(画像2)
 

2020/08/15
オオカマキリ成虫、初認。
●東隣家北。クロアナバチがいた。(画像1)
●東隣家北。ヘクソカズラに、ヘクソカズラグンバイ。(画像2)
●東隣家北。ショウリョウバッタモドキがいた。(画像3)
●今まではなかったのだが、急に竹筒にエントツドロバチが巣を作っている。3箇所。その一つにイモムシを運び込んだ。(画像4)
 
 

2020/08/14
●北東隣家前。青色のサワガニがいた。卵を持っている。水環境からは、かなり離れている。(画像1)
●東隣家北。オオミズアオがいた。(画像2)
 

2020/08/12
●朝、8/07の蛹、羽化したクロアゲハがとまっていた。
ヒカゲチョウは、蛹になった。(画像1)
アメリカジガバチが泥をとっていた。西隣家を越えて飛んでいく。(画像2)
 

2020/08/11
●孟宗竹に、ヒカゲチョウ前蛹。(画像1)
●メダケ高さ150cmに、キベリミジングモがいた。(画像2)
イシアブの一種が、シラカシの根張りに産卵していた。(画像3)
  

2020/08/10
コノシメトンボがいた。(画像1)
●久しぶりに、クズハキリバチを確認。(画像2)
スジベニコケガがいた。(画像3)
 

2020/08/07
アメリカジガバチが、庭で、土取り場?を探査していた。(画像1)
●北道沿い。クロアゲハ蛹があった。(画像2)
キボシカミキリがいた。(画像3)
 

2020/08/06
ツクツクボウシ、初鳴き。
クロバネセイボウを確認。(画像1)
●東隣家北。ルリモンハナバチが2匹。初認。(画像2)
サトクダマキモドキ成虫、初認。
ササキリの鳴き声を確認。
 

2020/08/05
●庭に、シオカラトンボ。(画像1)
●閉じられたルリジガバチ巣。白い鳥糞?で上塗りされ、さらに樹脂?が塗られているものがあった。(画像2)
ミイロツメボソクモバチが、ハエトリグモを運んでいた。(画像3)
 

2020/08/04
●東隣家北。コナラの樹液に、カナブン1、クロカナブン3。(画像1)
ヤマトタマムシが飛んでいた。止まった枝を揺らしたが、なかなかの保持力。(画像2)
 

2020/08/01
○関東甲信・東海地方が梅雨明け。
キアゲハがいた。(画像1)
●雨上りの晴れた朝、オニヤンマが、庭を低く飛び回って採餌していた。(画像2)
ハラキンミズアブオスがいた。(画像3)
 

2020/07/31
ショウリョウバッタ成虫がいた。羽化不全。(画像1)

2020/07/30
●庭に、ゴマダラチョウ。(画像1)
アカサシガメ幼虫がいた。(画像2)
 

2020/07/28
ルリジガバチが、シラカシの樹液を採取していた。(画像1)
●西隣家北。道沿いの植え込みで、オオハヤバチが獲物探査していた。2016年以来の確認。(画像2)
 

2020/07/27
クチカクシゾウムシの一種?がいた。(画像1)
シオヤアブが、交尾していた。(画像2)
 

2020/07/26
クマゼミ、初鳴き。
ミカドトックリバチが、土を採取していた。(画像1)
アメリカジガバチ、初認。

2020/07/25
●昨日のカゴタケは萎れていたが、隣のカゴタケが出た。すでに、ほとんど食べられていた。
ヤノトガリハナバチ、初認。(画像1)
ナミジガバチモドキが、ハエトリグモを運んでいた。(画像2)
 

2020/07/24
●朽ちかけた木に、カゴタケが出ていた。(画像1)
スジボソフトハナバチ、初認。(画像2)
 

2020/07/22
●昨夏つくられ羽脱したアメリカジガバチの古巣に、ルリジガバチが巣を作った。樹脂?で上塗りしている。(画像1)
●オレンジ色のコマユバチの一種?が、細い枯れ枝に産卵していた。(画像2)
シリアゲコバチが産卵していた。横の孔は、今期ナミカバフドドロバチが出入りしていた。(画像3)
  

2020/07/21
ミンミンゼミ、初鳴き。
ルリジガバチが、ヒメグモを運んでいた。(画像1)
オオジガバチモドキが、ジョロウグモ幼体を重そうに運んでいた。(画像2)
ミカドトックリバチが、イモムシの体液を吸っていた。(画像3)
 

2020/07/20
ミドリセイボウがいた。(画像1)
●庭で、サトジガバチが巣穴を掘っていた。(画像2)
アブラゼミ、初鳴き。
 

2020/07/19
●裏庭に、カゴタケがあった。(画像1)
ルリジガバチが、チュウガタシロカネグモを運んでいた。(画像2)
 

2020/07/17
○最高気温、東京20.6度、横浜21.0度。

2020/07/16
●朝、7/11のツマミタケ横にあった卵が、キノコになった。五角柱。(画像1)
ニイニイゼミ、初鳴き。
●庭にアキアカネ。木の高い位置などにバラけて10個体くらい。(画像2)
 

2020/07/14
ヒグラシ、初鳴き。

2020/07/13
●東隣家北。やや羽化不全のイラガセイボウがいた。(画像1)
●庭にドウガネブイブイがいた。見かける機会が少なくなった。アオドウガネばかり。(画像2)
●北道沿いのヤブガラシに、ヤブガラシグンバイがいた。初めての確認。(画像3)
 

2020/07/12
●東隣家北。アケビコノハ幼虫がいた。(画像1)
ハラアカヤドリハキリバチ2匹が訪花。(画像2)
 

2020/07/11
●庭で羽化したと思われる、アブラゼミいた。まだセミの声は聞いていない。
●庭西側に、ツマミタケが出ていた。5/24にキツネノエフデが出ていた場所。確認したところ、しおれていて分かりにくいが、キツネノエフデではなくツマミタケが正解のようだ。(画像1)
●八重桜の幹で、キマダラカメムシが交尾していた。(画像2)
ルリジガバチが、クモを巣穴に運び込んでいた。(画像3)
 

2020/07/10
●未明、4時前。ホトトギスの鳴き声が聞こえた。
コフキコガネが、カシワバアジサイの葉を食べていた。(画像1)
アオズムカデがワラジムシを食べていた。(画像2)
 

2020/07/08
●東隣家北。ネキトンボがいた。二度目の確認。(画像1)
●昨秋1個体を確認したヨツモンカメノコハムシ、現在、20+個体になっている。

2020/07/07
オオハキリバチオス3匹がブンブン飛び回って、メスが出てくるの待っていた。(画像1)
●羽化不全のルリジガバチメスに、オスが交尾を試みていた。(画像2)
 

2020/07/06
シリアゲコバチオスがいた。(画像1)
●小型のジガバチモドキの一種が、コガネグモ科のクモ幼体を運んでいた。(画像2)
 

2020/07/05
●東隣家北。ヤブガラシの花にヨツスジトラカミキリ。初認。(画像1)
ベニスズメ幼虫がいた。(画像2)
 

2020/07/04
シロオビキホリハナバチ、初認。(画像1)
●強風吹き荒れる中、オオジガバチモドキが、ジョロウグモ幼体を運んでいた。(画像2)
ヒメコガネが、アジサイの葉を食べていた。(画像3)

 

2020/07/03
●東隣家北。フタオビミドリトラカミキリがいた。(画像1)

2020/07/02
イシアブの一種がいた。(画像1)
オオコンボウヤセバチがいた。(画像2)
 

2020/07/01
ツマグロツツカッコウムシが、冬に切ったシラカシの枝に産卵していた。(画像1)

TOP   書 庫   ひとつ前の事件簿
Google
   [ 裏庭観察記 ] 内を検索する→